スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

命の授業

 2012-03-03
スタッフ オー子です。

全国の学校で「命の授業」の活動をされている方と
先日ご縁をいただいたことから
ご無理をいい、見学に行かせていただいて参りました。

その方がされている「命の授業」の内容は、

子どもたちを被害者にも加害者にもしないために、
犯罪被害に遭った遺族が命の大切さを語り継ぐ

です。

犯罪という非常に理不尽なことにより
突然大切なご家族を失ってしまったご自身の経験を
話される姿に生徒たちは静かに聞き入っていました。
私もただただ、そのお話しに聴き入る時間となりました。

交通事故等を考えても、悲しいかな
自分が被害者になってしまう事は、
自分の力ではではどうしようもない部分があります。
でも、自分が加害者にならない事は、自分の力で
何とかできる部分です。
もちろん、育つ過程で様々な背景もあるため
実際は自分の力だけではどうしようもないことも
あると思います。
だからこそ、周りの人間(先生、地域の大人、こども同士の友人関係等)
のサポートが必要になることをまた強く感じた日になりました。

その方が先生方に、
「私は(経験を話すことで)ただ種を蒔くことしかできません。
話を聞いてくれた子供たちにその後どのような芽がでるのかは
見ることができない(アフターフォローができないことが申し訳ない)。
でもそれが私の役割なのだと思って話しつづけることをしています」
と言われていました。

まさに、花を咲かすまでの過程を人に例えた時に
土を耕す人・種をまく人・花が咲くまで世話をする人
咲いた花を次の世代につなぐ人・・・と
人にはそれぞれ役割がある事を実感する今日この頃において
さらに深くその言葉が私のココロに残りました。
自分の役割とは何だろうと考える日々です。

でも絶対に人は何らかの役割をもって生きているのだと
信じています。
だから人は、人と繋がり互いの役割を行い(助け合い)
ながらそれぞれの日常を過ごしていると思います。

その方は
一人だ、無力だ、と感じたら
勇気をだして
SOSをどこかに出してほしい!
近くに出すところがない場合は、私はここにいますから。
人は決して一人ではない、
という心強いメッセージを投げかけられていました。

私もいつかそういうメッセージを届けることの
できる人になりたいと感じた1日でした。
スポンサーサイト
カテゴリ :スタッフ記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。