スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

卵子の老化

 2012-02-16
スタッフ オー子です。

先日NHKにて知りたくなかった情報
を知ってしまいました。
いや、本当はもっと早く知るべき情報だったのですが。。

卵子の老化

これは、どんなに医学が進歩して
40代もしくは50代での出産が可能になってもどうにもならないこと。

卵子は生まれた時から女性の身体に一生分の数が身体の中にあります。
それが、排卵とともに出てくるだけ。
男性の精子と違い、新しい卵子が排卵されるわけではないんです。
つまり、身体が老いるのと同じく卵子も身体の中で年々歳を重ね、老いていくのです。
一番卵子が成熟している時期は20代だそうです。
結婚適齢期は無くなりつつありますが、妊娠適齢期?なるものは悲しいかなあったのです( T_T)

それは、自然妊娠が難しいだけでなく、
不妊治療等で人工的に受精したとしても
卵子の老化が原因で、受精卵が育ちにくい=妊娠しにくいという現状があるようです。

共働きの夫婦の例が出ていましたが、
もっと早くこういうことを知っていたら、
結婚を早めたり、
結婚後すぐに子どものことを考えたかも
という選択肢があったのに。。。
と言われていました。

実際私自身も、30代後半から40代の出産の情報の方を多くみていたので、
自分と相手に問題がなければ、40代での出産も可能だろうな、くらいの意識でした。
偏った情報が、いかに間違った知識、考えになるのかを改めて知りました。
と同時に、
女性が妊娠に適している時期と、社会でのキャリアを積む時期が重なる事実をもっと政府も企業も重く受け止め、少子化防止、子育て支援、というのであれば、
産みやすく、働きやすい環境のための具体的政策を早く出して欲しいものだと強く想いました!
スポンサーサイト
カテゴリ :スタッフ記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。