スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

コミュニケーションツール

 2012-01-21
上級編の中には、

マナー実践があります。

これが、一番ご好評みたいですから

少しご紹介します。


マナー実践は、

主に食事マナーです。

よく「育ちの良さ」と言いますが

お金や物が沢山ある家に

うまれたことではありません。


「快いコミュニケーションがとれる」

ことです。


家柄や学歴、職種など所有物は無関係ですし

、口下手や人見知りなども無関係です。


実際、私は

何も持たないホームレスの方と食事を

共にしたことがありますが、

とても、快い時間を過ごせました。

(その方なりの背景がありました。
今では、自己実現なさっています。)

マナーの基本は

「相手を思いやれる」かどうかです。

それが、目に見えて現れるのが

食事マナーです。

だからといって、難しいものではなく

私達の身近なものです。


マナー実践をしていると、

よく質問があります。

「フォークやナイフをうまく

つかえないんだけど、、」や

「椅子の座り方は、、」などなど

盛りだくさんです。

ですが、そのようなことは

全く問題で無く

形ばかりでは、つぎはぎだらけの

ロボットみたいで

かえって滑稽です。


基本は「思いやれるか」どうか

ですから、自分や相手に不快を

与えず「快い」食事ができることが

重要です。

そう考えると簡単です。

たとえば、

「いただきます」「ごちそうさま」

の挨拶をし、

食材を楽しみ、

複数での食事では

皆が楽しめる話題で交流をします。

その場に居ない人のことを言うのはNG

その他

お店の人に横柄にならない、

箸の使い方、

食べ方、、などなど

ありますが

どっかの奥様が気取ってするんじゃなくて


私達の身近にある現実的なもですし、

育っていく過程で大切なことです。


これらを合わせて

食事ですし、コミュニケーションだと

おもいます。


「相手と仕事を一緒にするかどうかは

食事をして決める。」という

企業家もいるほど


今日はほんの一部でしたが

またお知らせしたいとおもいます。


ipadから送信
スポンサーサイト
カテゴリ :コミュニケーション教室 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。