スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

色と自由

 2011-03-11
アフリカ大陸には、54カ国あるといわれていますが、いずれも貧しい国です。

そこに暮らす子供たちの一部をとりあげたはなしですが・・・


絵を描かせてみると、あまり「色」を使えないようです。幼いころから食べるために働いて、男の子は早くから

銃をもたされ戦士となる。

親がない子供もめずらしくない。

私たちは、TVや新聞などからさまざまな情報を得てはいるが、遠い異国の話として、ピンときていないことのほう

が多い。

そこに暮らす子供たちに色鉛筆やクレヨンなど見せると、大変な驚きと感動で笑顔になるという。

べつに何十色もあるわけでなく、12色だ。たった、12色。それでも子供たちは全色を使えない。

こちらが「世界にはこんなすばらしいことがある・こんなことがある・こんなものがある」とやさしく

かたりかけながら・・・子供たちは空想の世界で「色」をつけていく。

その目には、輝きがみてとれる。

そして「こうなりたい」という。

それは、まさしく「希望」

もちろん、それだけで食べてはいけないが、

わずかな「希望」は、祈り願うことを教えてくれ、知恵の種を植え付ける。やがて、知恵の種は成長し、あとは

刈り取るだけとなる。



「魚を欲しがる子に魚を与えるのか、それとも魚のとり方をおしえるのか」



私たちは、何十色も使える環境にあります。

よりどりみどり。



いま、私たちが何かしら取り組んでいることから あらゆる恩恵が与えられるでしょう。



ここのところ、親子さんの相談がおおかったので。その若者たちに心をこめてエールを






スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tomokosoffice.blog40.fc2.com/tb.php/61-41d21ea1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。