スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

 2011-10-08
いま、描いている作品は、

青を良く使っています。

青・青緑・青紫・紺・濃紺・藍・・


ちなみに、ロゴも・・濃紺
(あまり関係ないですが・・)


出したい青色が

なかなか難しい・・・



「青」といえば

「ヨハネス フェルメール」

皆さん、本物ではないにしても

一度は目にしたことが

あるのではないでしょうか。

「真珠の首飾りの少女」

pearl-earring[1]_convert_20111008110553

「フェルメール」

時代は17世紀バロック

オランダの画家。


フェルメールの描く絵画に

象徴的に使われるなは、

ラピスラズリと言う青色です。

ラピスラズリは、

青金石という鉱物から

精製される青色の顔料の事で、

別名「ウルトラマリン・ブルー」

とも呼ばれていて、

その青色を出すのは、

非常に難しいのです。


画家は、アフガニスタン製の

鉱石を粉末に加工し、

油を混ぜて使用したのでは・・・

とされています。

スポンサーサイト
カテゴリ :絵画・色彩 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。